GRADUATE'S
VOICE
卒業生の声
笹浪可菜卒業生

消極的だった私に、
挑戦する力を与えてくれた大学。
4年間の限られた時間を
積極的に楽しんでください!

笹浪 可菜
東苗穂病院 
医療連携相談室勤務
社会福祉学部 
社会福祉学科23年卒業 北海道江別高等学校出身
笹浪可菜卒業生

大学時代に得た知識と能力で、
目標を叶えて福祉の仕事へ。

身近にいた精神的に参っている人を助けたいと思い、星槎道都大学の福祉学部を選びました。看護ではなく福祉をめざしたのは、社会的問題の解決を通じて利用者さまに寄り添いたいと思ったからです。
いまは病院に勤務し、入院患者さまの退院支援をしています。介護保険制度を用いた在宅復帰支援、在宅生活困難者に対しては施設等の検討や支援をしています。お一人おひとりのいきいきとした生活の実現に貢献できるよう、心をこめてお手伝いしています。
患者さまはもちろん、医師や看護師など他職種の人たちとも関わりながら、お互いの専門知識や意見を交換し連携していくプロセスに、この仕事のおもしろさを感じています。大学時代にも、福祉の仕事に携わるにはコミュニケーション能力が必要不可欠だろうと思っていました。授業や実習、日々の触れあいの中でいかにコミュニケーション能力を高められるかを意識していました。事例を使ったロールプレイ方式の授業も、具体的な支援策を考えるいまの仕事に役立っています。
笹浪可菜卒業生

笹浪可菜卒業生

星槎道都大学は、一人ひとりの可能性を見つけ、
じっくり育んでくれる環境です。

実は、大学入学前は「自分には無理かな」と思い悩むことが多かったです。そんな私に先生が「まずやってみなさい!何ごとも勉強だから!」と背中を押してくれました。この言葉は、ずっと私を支え続けてくれています。社会人になっても先生に電話して、仕事の相談にのっていただいているほど、とても頼りにしています。
どちらかというと消極的だった私に、星槎道都大学の4年間は「挑戦する力」を与えてくれました。これからも、医療現場や介護、在宅サービス等の幅広い分野の知識をさらに吸収し、患者さまや家族のニーズに合わせた支援ができるよう「挑戦」していきます。
大学へ進学する方々は、夢や目標を持って入学されると思います。星槎道都大学は、そんな気持ちをしっかりと受け止め、一人ひとりの適性、可能性を見つけてじっくり育んでくれる環境です。勉強だけではなく学校祭などさまざまなイベントも盛り上がりますよ。是非、積極的に参加し、大学生活を存分に楽しんでください!
笹浪可菜卒業生