STUDENT'S
VOICE
在学生の声
板谷有実子在学生

自分の中にあるはずの
いろいろな可能性を
探ることができます。

板谷 有実子
美術学部 デザイン学科
アート専攻4年 北海道札幌新川高等学校出身
板谷有実子在学生

ぜひ美術をやってみたい――
その想いがあれば、まずは十分。

高校時代は部活に一生懸命で、ひたすら弓道の練習をしていた私ですが、将来は、ずっと興味を持っていた美術の分野に進みたいと思いました。そこで美術を学べる北海道の大学として、星槎道都大学が進学先の候補になりました。ここに決めたのは、さまざまな工芸の技法を幅広く学べるからです。
星槎道都大学に入って感じたのは、自分のやりたいことを探すための選択肢がたくさんあること。たとえば、規模の大きな学校ではありませんが、どの学科もそれぞれに複数の専攻が設けられていますし、他学科の専門科目を受講することもできます。
美術学部デザイン学科にはアート、デザイン、イラスト・マンガの3つの専攻があるので、「美術をやりたいけれど、自分に何が向いているか分からない」という人には、いろいろと可能性を試せる場所になるのではないでしょうか。オープンキャンパスで体験講座に参加してみるのも、おすすめ。大歓迎です!
板谷有実子在学生

板谷有実子在学生

好きなことを自由にできる場所。
創作のアドバイスも頼めます。

好きな授業は「工芸実習」です。この実習では3つの工芸科目を選択できるのですが、そのひとつに「染色」があって、様々な染色技法を学べました。なかでも型染めやステンシルが楽しかったです。私は主にテキスタイル分野の制作をしているので、染色を学ぶことでテキスタイルの作品の幅が広がりました。
そうそう、染色の実習では染めた布を洗ってのりを落としますが、この時に使うのが大学のアトリエ棟の裏にある川。サンダルのままザブザブと入って行けて、川遊びのようで楽しいです。小さなエビもいるんですよ。周辺のこうした自然も、この大学の魅力として数えたいですね。
自分の好きなことを自由にできて、創作のうえでアドバイスを頼める先生がそばにいる。星槎道都大学の学びの環境を存分に活用し、卒業後は美術に関わる職業に就けるよう力をつけたいと思います。
板谷有実子在学生