STUDENT'S
VOICE
在学生の声
須藤彩香在学生

面白みを感じながら学んで
社会福祉士になる力が
着実に身についています。

須藤 彩香
社会福祉学部
社会福祉学科
ソーシャルワーク専攻2年 北海道文教大学明清高等学校出身
須藤彩香在学生

悩みの解決と幸せの実現を
支援する仕事に就きたくて。

人の役に立ち、やりがいを感じられる仕事は何か。いろいろな職業があるなかで、私が興味を持ったのは社会福祉士でした。もともと人の話を聞いたり、人の相談に乗ったりすることが好きなので、自分に向いた職業のように思います。これを将来の仕事にできるよう、専門的に学べる社会福祉学科がある星槎道都大学を選びました。
最初の1年間をこの学校で過ごしてみて、社会福祉士になるための力が少しずつながら着実に自分のものになっている実感があります。ソーシャルワーカー入門にあたる「相談援助の基盤と専門職」という授業で基礎知識が身につくと、社会福祉の考え方や実践方法がよく理解できるようになってきました。他の授業の理解度も高まり、社会福祉の勉強がぐっと面白くなってきたこの頃です。
社会福祉士の国家資格を取得し、卒業後は福祉の現場で働きたい。一人でも多くの相談者の悩みを解決し、それぞれの幸せが実現するよう支援していくのが将来の目標です。
須藤彩香在学生

須藤彩香在学生

目標に向かって頑張る人を
サポートしてくれる環境です。

 

星槎道都大学には一度、高校生の時に学校見学で訪問したことがありました。そのとき案内をしてくれた入試広報課の方や大学の説明を聞かせてくれた教授によくしていただいたのを覚えています。それに構内ですれ違う在学生からもあいさつの声があったので、とても歓迎されている印象がありました。
実際に入学してみると、普段からそんないい雰囲気のある学校なのだと分かりました。とにかく先生方も先輩方もみんな親切で、なにか困ったことがあると手を差し伸べてくれます。私にとっての星槎道都大学の一番の魅力は、そこにあると思います。
毎日の授業にとどまらず、時間の都合のつく限り先生方が研究室でも学生の質問に答えてくれますし、勉強上のアドバイスもしていただけるので、学びたいことがしっかりと学べる環境でもあります。将来の仕事につながる勉強をこの大学でしたいのなら、頑張る気持ちをサポートしてくれる人が必ず周囲に見つかります。
須藤彩香在学生